防犯カメラ動画の投稿

December 13, 2014
当社では、駐車場でのカメラ設置を請け負うことが多いですが、 当社では、車のナンバーを読み取れるナンバー認識型のカメラを ご提案させていただいています。 上の動画は、一般のアナログカメラの映像、下の映像は当社の ナンバー読み取りカメラの映像です。 はっきりとナンバーが読み取れることが、分かると思います。 駐車場に、カメラ設置をお考えの方は、ぜひ、ご連絡下さい。   先日、ご紹介した内容ではありますが、防犯カメラは、閉ざされた空間の中で 最も、効果を発揮します。 それは、駐車場によく当てはまります。   ※実際、駐車場管理会社様に営業活動に出向いたときにも、カメラを設置することで 未払いの改善のみならず、駐車場自体の治安が改善されたとお伺いするケースが多いです。  
December 10, 2014
200万画素のネットワークカメラ(IPカメラ)で撮影した映像です。 今回は、昼間に人物を撮影してみました。 現在のハイビジョンテレビのように、かなり細かいところまで はっきりと撮影することが可能です。 細かいところを撮影したいというニーズには、きっちりお答えできるカメラです。 当社に来ているこのカメラの引きあいとしては、工場(食品工場)・店舗関係の 会社の方から、引き合いをいただくケースが多いです。 ネットワークカメラの特長としては、LANケーブルのみで、施工が完了しますので (設置場所によっては、電源ケーブルが必要な場合もあります) 工事費用は、安くなる傾向にあります。 ※但し、機材代は、アナログカメラより高価になります。 また、DVR(録画機)がなくとも、パソコンがあれば、録画が可能です。 レジの上の天井にこのカメラを設置すれば、レジでやり取りしているお札の種類、 硬貨の種類まではっきりと分かります。 ご興味のある方は、一度、お電話もしくは問い合わせフォームから ご連絡下さい。          
December 7, 2014
今回は、IPカメラと呼ばれるLANケーブルを利用したタイプの防犯カメラのご紹介です。 今回のカメラの特徴は、下記の通りです。 200万画素 1/3インチ CMOSセンサー搭載 3.3mm固定焦点レンズ搭載 H.264/MPEG-4/MJPEG 同時圧縮 解像度1920 x 1080で最大フレームレート30fps DNR(デジタルノイズリダクション)対応 蛍光灯のちらつき対応フリッカレス機能 機構式IRカットフィルター、照射距離15mのIR LEDを24個搭載、高性能デイ/ナイト機能 IP66基準準拠の防水ハウジング、屋外設置に対応 イベント発生・ネットワーク切断時にローカルバックアップ PoE (IEEE 802.3af)対応 ONVIF対応 総画素数 200万画素 非常に小型ではありますが、ハウジング一体型で、屋外設置に向いたカメラになっています。 IPカメラですので、LANケーブルでルータに接続し、PCで録画を行いました。 総画素数が、200万画素のカメラなので、相当にはっきり、きれいに撮影することが可能です。 駐車場に止まっている車のナンバーは、さすがに分かりません(アップにすれば、当然分かります)が、道路を走っている車の車種、色などは、普通にテレビでみているがごとくのクリアさではっきりと撮影が可能です。 このカメラは、当社では、主に、
この撮影で使用した高感度カメラの特長は、下記の通りです。 僅かな光でも撮影可能な0.00001Lux超高感度仕様 逆光でも対象をクリアに撮影するデジタルDWR機能搭載 CNR(クリエイティブノイズリダクション)機能により感度アップ時のゴーストを低減 東日本の蛍光灯のチラツキを抑えるフリッカレス機能 総画素数 52万画素 有効画素数 48万画素 今回は、外灯が多く、夜間でも明るい駐車場で、何箇所か撮影してみました。 今回の特徴は、夜間でもカラーで撮影が可能ということです。 一般に、よく使われるカメラは、当社でも、そうなのですが、赤外線カメラを利用します。 赤外線カメラを利用することで、夜間でも、確かに、撮影は可能ですが、赤外線の当り方によっては、白飛びしたり、ハレーションを起こしたようになったりします。 赤外線カメラでは、撮影できてはいるけど、はっきりしないね、みたいなことにならないとも限りません。 今回利用した高感度カメラでは、そのようなこともなく、夜間でも、昼間のようにはっきりとカラーでの撮影が可能です。 歩いている人物を見ても、夜間でも服装の色も、はっきりと認識することができ、人物の特定に非常に有効です。 「この場所を、夜間カラーで撮影したい」といったご相談がありましたら、ぜひ、ご連絡下さい。 ※高感度カメラは、アナログタイプです。
この映像は、写真ではなく、高感度カメラで、駐車場を撮影したときのものです。 上の方の動画は、撮影時に気がきかず、歩いてみたりしなかったので、こんな感じで、事故映像見たく(写真のように)なってしまいました。 この撮影で使用した高感度カメラの特長は、下記の通りです。 僅かな光でも撮影可能な0.00001Lux超高感度仕様 逆光でも対象をクリアに撮影するデジタルDWR機能搭載 CNR(クリエイティブノイズリダクション)機能により感度アップ時のゴーストを低減 東日本の蛍光灯のチラツキを抑えるフリッカレス機能 カメラの画素数としては、総画素数52万画素、有効画素数 48万画素になります。 赤外線カメラの映像と比較するとよく分かりますが、赤外線照射をしないため、映像に関して白っぽくなりません。 昔みた白黒テレビのような映像になります。 今回は、本当に暗い駐車場での撮影を行ったので、白黒になりましたが、都内の駐車場(外灯の設置してある)であれば、カラーでの撮影も可能です。 当社のお客様では、駐車場の撮影にこの防犯カメラを選択されるお客様が多いです。 私たちとしては、実際の現場を見て、夜でもカラーで撮影できそうな場所なら、こちらのカメラをお客様にオススメしています。 下の方の動画に関しては、駐車場内で撮影を行いました。 外灯がない駐車場だったので(明るく見えるのは、隣のお店の外灯です)、白黒での撮影になりました。 こちらの方は、ためしに歩いてみましたので、夜間白黒でどのくらいの映像で見れるかが分かります。 赤外線カメラに比べると、かなりはっきりと撮影できていることが分かります。
こちらの映像が、当社のローエンド商品 赤外線アナログカメラ(52万画素)になります。 このカメラの設置工事が、当社では、88,000円~となっています。 映像を見ていただけるとわかりますが、夜間でもかなり遠くまで、はっきりと撮影することが可能です。 赤外線照射距離は、20mとなっております。 昼間に関しては、かなり、よく映ります。 一般の戸建ての玄関や庭、駐車場などの防犯カメラによる監視で、最も利用されているカメラです。
この動画は、赤外線カメラと車のナンバー認識用カメラを並べて撮影したときのナンバー認識カメラの映像を切り出し、大きく表示させた動画になります。 大きくしてみると、ナンバーがはっきりと読み取れ、認識できていることが分かります。 このカメラの特長としては、車が、たとえ走っていたとしても、ナンバーの読み取り、認識ができることにあります。 ※スペック上では、150kmで走行中の車のナンバーを読み取り、認識することができるとされています。 当社では、そこまでのテストは行っておりませんが。。 当社では、このナンバー読み取り(認識)用のカメラは、駐車場管理会社様やホテル、マンションに設置を行っています。 駐車場においては、当て逃げなどのさまざまな問題があり、その解決に役立っています。 また、ホテルにおいては、防犯上の理由から、多く導入させていただいております。 車のナンバーを読み取れず困っている、といった方は、是非、一度、お問い合わせ下さい。
これは、ナンバー読み取りカメラと赤外線カメラを並べて撮影したときの赤外線カメラで撮影した画像を切り出したものです。 この赤外線カメラの特長は、下記のとおりです。 ブラケットとハウジングの一体型タイプ 総画素数52万画素 有効画素数 48万画素 白飛び低減させるスマートIR機能 赤外線LED 36個 照射距離 約20m この映像は、車から15m程度離れた位置にカメラを設置して撮影しています。 上記で、赤外線照射距離 20mとなっていますが、車の後ろの木まではっきりと写っているのでそのことは、見て取れます。 車のナンバーが取れないから、映りの悪いカメラであるということではなく、ナンバー認識用のカメラと比較した場合、機能が違うんだとご理解下さい。 よくニュース番組やバラエティ番組で、防犯カメラの映像が流れます。テレビで流れる防犯カメラの映像というのは、ボケボケで、カメラの映像はこんなものか、と思われている方もいるかもしれません。 昔の防犯カメラは、画素数も今の半分の27万画素というものが主流で、現在、私たちの会社で最もローエンドとして使用しているのがこの赤外線カメラですが、これでも、かなりはっきりと撮影することが可能です。(昼間は、相当はっきりと撮影できます。)
この動画は、夏の夜に撮影しました。 比較環境は、赤外線アナログカメラと、ナンバー読み取りカメラ(YG-Ultra1A)を使用しています。 また、同じ三脚に台を設置し、並べて撮影しました。 YG-Ultra1Aの特徴 ナンバー識別 15m(車速度 150Km) IR LED(850nm) 赤外線一体型16mm 固定レンズ 落雷保護回路 夜間撮影距離(通り) 車番号 15m / 被写体認識 20m というのが、主な特長になっています。 もっと詳しく知りたい方は、kousaka@rincle.netまで、ご連絡下さい。 さて、動画についてですが、見ていただくと分かるとおり、通常の赤外線カメラでは、認識することが難しい夜間の車のナンバーをはっきりと認識していることが分かります。 ただ、今回のテストで利用したYG-Ultra1Aに関しては、固定レンズ(いわゆるばかちょんカメラ)なので距離が近い、遠いといったことで、うまくナンバーを捕らえられないケースもあります。 その場合には、当社で現場調査させていただいて、上位機種をご提案させていただく場合もございます。